第6回日本病院前救急救命学会総会・学術集会

学会延期のお知らせ

 

日本病院前救急救命医学会会員各位

 

23回日本臨床救急医学会会期中に開催を予定していた上記総会・学術集会について、現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数は日ごと増加の傾向がつづいております。

今後、大規模な感染爆発も想定されていることや、日本臨床救急医学会学術集会も82728日に延期されたことに鑑みて、本学会の総会並びに学術集会は延期といたします。

 

新たな日程については、令和2年8月27日(木)で企画調整中です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

新型コロナ対応でお忙しい方も大勢いらっしゃると思いますが、ご自愛いただき、体調を崩されないことを祈念いたします。

 

第6回日本病院前救急救命学会総会・学術集会

会長  張替喜世一 

 

プログラムは次の通り企画中です。

 2020/3/31 更新*会場等は今後変更の可能性があります

日 時:令和2年8月27日(木)

9時~ 理事会(A601教室)

10時~ 評議員会(A601教室)

11時~ 総会(A601教室)

14時~18時 学術集会(A308教室)

場 所:国士舘大学世田谷校舎34号館

学術集会会長:国士舘大学体育学部スポーツ医科学科 張替 喜世一

テーマ:救急現場学の構築に向けて

    ~ExperienceとEvidenceが融合したEBMの確立~

 

プログラム案  

14:00~14:15 会長講演

14:15~14:45 教育講演 鶴岡 信(鹿島地方事務組合消防本部Medical Adviser)

「求められる救急救命士像 ~消防MDから~」

司会:津波古 憲(国士舘大学防災・救急救助研究所  次回学術集会会長)

14:50~16:20 パネルディスカッション

「救急救命士が目指すべきもの-それぞれの活動現場から-」

座長:日高 武英(公立邑智病院)、森出 智晴(札幌市消防局)

助言者:鶴岡 信(鹿島地方事務組合消防本部 Medical Adviser)

パネリスト:北村 浩一(石橋地区消防組合)
      古賀 司(米盛病院)         

      後藤 奏(日本救急システム(株))    

      田尻 浩昭(帝京大学福岡医療技術学部)

16:20-17:00 一般演題

座長:関根 和弘(京都橘大学健康科学部) 

17:00-18:00 ワークショップ

「経験からの仮説とその証明で病院前救急のEBM を作る」

座長:西岡 和男(日本病院前救急救命学会教育研修委員会委員長・熊本市消防局)

 

演題発表に関する利益相反(conflict of interest:COI)の開示について

筆頭発表演者は、タイトルスライドの後(2枚目)に、今回の演題発表に関連するCOI状態を開示してください。

※利益相反の開示PPTサンプルは下記よりダウンロードできます。

日本病院前救急救命学会COI開示テンプレート
JSPELS COI.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 60.7 KB

第7回日本病院前救急救命学会総会・学術集会の企画は次の通りです。

会長 津波古 憲(国士舘大学)

会期 2021年